ライトノベルとか、本とか

ライトノベルとか、本とかをただひたすらレビューするブログ。 たまに違う話題もでる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化物語(下)

化物語(下) (講談社BOX)

作者 西尾 維新


あらすじ

青春を、おかしくするのはつきものだ!阿良々木暦が直面する、
完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは―!?
台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”こと
VOFANとのコンビもますます好調。西尾維新が全力で放つ、
これぞ現代の怪異!怪異!怪異。


感想

なでこ可愛いよなでこ

そんなわけで、西尾 維新 作、 化物語下巻の紹介です。

いやあ、上巻の時点でもそうでしたが、下巻でも色々ぶっとんでますね。
駿河のエロい話が好きです。
それに対する主人公のツッコミも秀逸で、二人の漫才は読んでいて面白いです。

また、千石撫子の話が個人的には好きです。
暦おにいちゃんか・・・
二人も妹がいながら、なんともうらやま・・・
いや、贅沢なんでしょう。

蛇の話も、なんだ、これで解決か・・・
と思って読んでいたら、予想を裏切られましたし、
なでこが服を脱ぐところもいいですね(´Д`;)ハアハア

あと、アニメも見ました。 はい。
主人公が自分の予想より、遥か斜め上を行き、唖然としましたが、
慣れれば何と言うわけでもなく、じきに違和感無く見れるようになりました。

羽川さんの話は、最後はどうなるんだろう・・・
と、はらはらしながら読んでいましたが、ハッピーエンドで安心しました。
羽川さんの過去の話も出てきて、いままで明かされていなかったことが、
徐々に明らかになってゆきます。

面白いですね、化物語。
人気があるのも分かります。 星は4つで。
有名な作品ですので、皆さんもどうでしょうか?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/24(水) 22:02:29|
  2. 講談社BOX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フリーランチの時代 | ホーム | 侵略する少女と嘘の庭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rightnovelandbook.blog82.fc2.com/tb.php/39-c1e05798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RURURUR

Author:RURURUR
ライトノベルや、一般書籍。
面白いものなら何でも読みます。
また、皆さんの感想や意見なども、気軽にコメント欄にお寄せください。

このブログについて

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一般書籍 (12)
電撃文庫 (24)
スーパーダッシュ文庫 (2)
MF文庫J (3)
エンターブレイン (1)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
ファミ通文庫 (6)
講談社BOX (2)
角川スニーカー文庫 (1)
ノベルゲーム (1)
いままで紹介した本の一覧 (1)
このブログについて (1)
その他 (1)

ランキング

人気ブログランキングへ
クリックしてもらうと、更新速度が上がります。

検索フォーム

お勧めライトノベル

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
ある日、爆弾がおちてきて

小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫)
小学星のプリンセス☆

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ (ファミ通文庫)
鬼切り夜鳥子

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
半分の月がのぼる空

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

ヒトカケラ (MF文庫J)
ヒトカケラ

猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
猫の地球儀 焔の章

わたしたちの田村くん (電撃文庫)
わたしたちの田村くん

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

お勧めの本

新世界より 上
新世界より 上

新世界より 下
新世界より 下

ハルカ 天空の邪馬台国
ハルカ 天空の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国
ハルカ 炎天の邪馬台国

図書館戦争
図書館戦争

塩の街
塩の街

海の底
海の底

空の中
空の中

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)
2005年のロケットボーイズ

森博嗣

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。