ライトノベルとか、本とか

ライトノベルとか、本とかをただひたすらレビューするブログ。 たまに違う話題もでる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TUGUMI

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

作者 吉本 ばなな


あらすじ

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、
まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする
少年に出会った―。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきら
めきを描く、切なく透明な物語。

感想

主人公と昔からの友人で、主人公を常にからかってきたつぐみ。
つぐみは、病弱な身体にもかかわらず、人をからかうのが好きらしい。

とにかく、つぐみは口が悪かったです。
だが、病弱で生意気な美人と書いてあったので、色々と妄想して読み進めることが出来ました。
個人的なイメージでは、つぐみは黒髪ストレートの前髪ぱっつん。
おまけに細身で貧乳、肌は色白。
そんなイメージを抱きつつ読み進めました。

その生意気なつぐみも、好きな男の前では女らしくする描写があった。
そんなたぬきなところが、かわいいじゃないか。

話自体はそこまで長くなく、あっという間に読むことが出来ました。

ラストが、見事に自分の予想を裏切ってくれたので、多少の驚きを感じました。

そして、もう一つ驚いたのは、なんとつぐみは作者「吉本 ばなな」が、
自分をイメージして書いていたということです。

おいおい・・・・・・

黒髪ぱっつんの女の子をイメージしながら妄想していたのにorz

いや、決して吉本ばななさんが駄目と言うわけじゃないですよ、はい。

全体的に完成度が高く、星4つが妥当でしょう。

普段ライトノベルしか読まない方でも、十分楽しめると思います。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/02/27(土) 00:21:15|
  2. 一般書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈1〉 幸せの背景は不幸 | ホーム | 新世界より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rightnovelandbook.blog82.fc2.com/tb.php/15-d2a39802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RURURUR

Author:RURURUR
ライトノベルや、一般書籍。
面白いものなら何でも読みます。
また、皆さんの感想や意見なども、気軽にコメント欄にお寄せください。

このブログについて

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一般書籍 (12)
電撃文庫 (24)
スーパーダッシュ文庫 (2)
MF文庫J (3)
エンターブレイン (1)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
ファミ通文庫 (6)
講談社BOX (2)
角川スニーカー文庫 (1)
ノベルゲーム (1)
いままで紹介した本の一覧 (1)
このブログについて (1)
その他 (1)

ランキング

人気ブログランキングへ
クリックしてもらうと、更新速度が上がります。

検索フォーム

お勧めライトノベル

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
ある日、爆弾がおちてきて

小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫)
小学星のプリンセス☆

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ (ファミ通文庫)
鬼切り夜鳥子

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
半分の月がのぼる空

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

ヒトカケラ (MF文庫J)
ヒトカケラ

猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
猫の地球儀 焔の章

わたしたちの田村くん (電撃文庫)
わたしたちの田村くん

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

お勧めの本

新世界より 上
新世界より 上

新世界より 下
新世界より 下

ハルカ 天空の邪馬台国
ハルカ 天空の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国
ハルカ 炎天の邪馬台国

図書館戦争
図書館戦争

塩の街
塩の街

海の底
海の底

空の中
空の中

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)
2005年のロケットボーイズ

森博嗣

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。