ライトノベルとか、本とか

ライトノベルとか、本とかをただひたすらレビューするブログ。 たまに違う話題もでる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

扉の外

扉の外 (電撃文庫)

作者 土橋 真二郎


あらすじ

修学旅行に行くはずだった千葉紀之が目を覚ましたとき、
そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。
訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア”を
名乗る存在が現れる。そのソフィアが示したのは唯一絶対の
ルール―“ソフィアに従うこと。従っていれば生命は保証されること”。
だが、紀之は瞬間的な嫌悪感からソフィアからの庇護と呪縛を
拒否してしまう。紀之以外のクラスメイトはその“ルール”を受け入れ、
“ルール”が支配する奇妙な日常がはじまった。孤立した紀之は
やがてひとつの決断を下すが…。第13回電撃小説大賞「金賞」受賞作、登場。


感想

「扉の外」題名がいい感じがしますね。
表紙買いは良くあることだと思いますが、「題名買い」はそこまでないでしょう。
「扉の外」は、題名が自分のセンサーが反応したため購入しました。

読んでみて、あらすじにもありますように、
>修学旅行に行くはずだった千葉紀之が目を覚ましたとき、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。

バトルロワイヤルを思い出しました。・・・

まあ、そんなことは関係ありませんね。 はい。

密室に、クラス全員が閉じ込められ、人工知能が提示するルールに従う。
密室という閉鎖的な環境下、クラスメイトたちは、最初こそはおとなしくしていたが、
次第に疑心暗鬼に陥る。

クラスの輪から抜けている主人公は、冷静な分析をし、扉の外へと出てゆく・・・

そう、人間が極限状態で閉じ込められたら、色々なトラブルもあるでしょう。
そんな生々しい人間関係や心理状況を上手く描写した作品となっております。

多少、地味に聞こえるかもしれませんが、心理描写が濃く、また他の人間のどろどろとした
欲望や、腹の探りあいなど、面白い要素は沢山あります。

ですが、一つだけ難点をいえば、ラストです。
なんか、投げやりと言うか、放置プレイというか・・・

続きが読みたい作品でした。
星は4つで。 皆さんもいかがですか?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/30(火) 13:53:28|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R-15 ようこそ天才学園へ!

R-15  ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)

作者 伏見 ひろゆき


あらすじ

芥川丈途は15歳にして、新聞に連載を持つ天才エロ作家
なのです!そんな彼が天才(…というより一芸)ばかりが集まる
閃学園に入学した途端、女子寮のぞきの犯人にされるという
エロトラブルが勃発!さらにクラス対抗オリエンテーションも
開かれ、学園生活はわちゃめちゃ。果たして丈途のエロ
才能で、クラスは NO.1になれるのか!?15歳未満NG!禁断の
学園生活のはじまりっ!第13回スニーカー大賞奨励賞受賞。


感想

R-15 なんか、タイトルがいやらしいですね。
まあ、そんなことは無いのですが。

書店にて、この「R-15」が平積みされており、金色に輝く帯には、
「スニーカー大賞」とでかでかと書かれており、とても目立っていました。

あらすじを読んでみると、主人公は15歳にして天才エロ作家。
天才ばかり集まる学園に入学。
エロいトラブルが発生。

などなど、「エロ」という単語が目立ちますが、なにかと楽しそうなあらすじ。
まあ、大賞を取るくらいなんだから、凄く面白いんだろう。
という期待を込めて購入しました。

大賞なんだから、きっと面白いはず。
面白いはず・・・

面白いはずなんだよなあ・・・

なんか、読んでみたら、そこまで面白いか?
という感想を持ちました。

自分が過度に期待しすぎていたのかもしれませんが、
でも、そこまで面白くはない。

なんというか、中途半端というか、どんな天才がいるのかといえば、
ありきたりなヤツや、そこまででもないヤツ。
あまり、天才という印象を受けませんでした。

それに、主人公の行動が理解できなかったです。
主人公の心理描写が乏しく、こいつは何を考えてんだ
と思う場面もいくつかありました。

とくに、主人公が他人のクラリネットのケースに入っている木片?
のようなものをおいしそうだからという理由で、口にくわえたのは、
さすがに「こいつ頭おかしいんじゃねえか?」という疑問を
持ちざるを得ませんでした。

「R-15 ようこそ天才学園へ!」は、伏見 ひろゆきのデビュー作なので、今後の
作品に期待します。

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/28(日) 15:57:52|
  2. 角川スニーカー文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーランチの時代

フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫JA)

作者 小川 一水


あらすじ

「私は人類をたいらげたい」―火星やまと基地の隊員4名が体験した、
あまりにもあっけないファーストコンタクトを描く表題作、太陽系開拓時代に
孤独な宇宙船を駆るニートの日常「Slowlife in Starship」、いつのまにか
不老不死を獲得してしまった人類の戸惑い「千歳の坂も」、そして傑作長篇
『時砂の王』に秘められた熾烈な闘いを描くスピンオフまで、心優しき人間
たちのさまざまな"幼年期の終り"を描く全5篇収録。


感想

フリーランチの時代の紹介です。

自分にとっては、初めてのSF小説でした。
ライトノベルなどで、プチSF的なものは味わってきましたが、本格的なSF小説は
初めてのことでした。

まあ、SF小説は特に詳しくないので、ちょうど書店に平積みされていた、
「フリーランチの時代」を手にとってみました。
表紙もアニメ調で、親しみやすかったというのもありますし、
厚さがそこまでないので、入門用としてはいいのではないかと思ったからです。

で、実際に読んでみたところ、身構えていたよりも、すんなりと自然に読むことが出来ました。
SF小説は、マニアが読むものだとばかり思っていた私は、少しの驚きを感じました。

でも、ライトノベルを読んでいる時点で、自分も一種のマニアなのかもしれませんけど。

全5編で構成されており、どれもそれぞれ違った話が楽しめます。

個人的に、一番好きな話は「Slowlife in Starship」です。

ミヨ(AI)かわいいよミヨ

まさかAIに萌えられるとは思わなかった。

みなさんも、SF小説だからといって身構えることなく、何冊か手にとって見てください。
ライトノベルなど楽しめるなら、SF小説もかならず楽しめると思います。

星は4つ。 なかなか面白かったです。 これからもちょくちょくSF小説に手を出してゆきたいと思います。

人気ブログランキングへ

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/25(木) 21:52:37|
  2. 一般書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

化物語(下)

化物語(下) (講談社BOX)

作者 西尾 維新


あらすじ

青春を、おかしくするのはつきものだ!阿良々木暦が直面する、
完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは―!?
台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”こと
VOFANとのコンビもますます好調。西尾維新が全力で放つ、
これぞ現代の怪異!怪異!怪異。


感想

なでこ可愛いよなでこ

そんなわけで、西尾 維新 作、 化物語下巻の紹介です。

いやあ、上巻の時点でもそうでしたが、下巻でも色々ぶっとんでますね。
駿河のエロい話が好きです。
それに対する主人公のツッコミも秀逸で、二人の漫才は読んでいて面白いです。

また、千石撫子の話が個人的には好きです。
暦おにいちゃんか・・・
二人も妹がいながら、なんともうらやま・・・
いや、贅沢なんでしょう。

蛇の話も、なんだ、これで解決か・・・
と思って読んでいたら、予想を裏切られましたし、
なでこが服を脱ぐところもいいですね(´Д`;)ハアハア

あと、アニメも見ました。 はい。
主人公が自分の予想より、遥か斜め上を行き、唖然としましたが、
慣れれば何と言うわけでもなく、じきに違和感無く見れるようになりました。

羽川さんの話は、最後はどうなるんだろう・・・
と、はらはらしながら読んでいましたが、ハッピーエンドで安心しました。
羽川さんの過去の話も出てきて、いままで明かされていなかったことが、
徐々に明らかになってゆきます。

面白いですね、化物語。
人気があるのも分かります。 星は4つで。
有名な作品ですので、皆さんもどうでしょうか?

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/24(水) 22:02:29|
  2. 講談社BOX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侵略する少女と嘘の庭

侵略する少女と嘘の庭 (MF文庫J)

作者 清水 マリコ


あらすじ

早川牧生はK中学の2年生。幼なじみである裕貴、唯、琴美と、
惰性のように4人で過ごしていた。ある日牧生は、「運命の相手」
を見つけるという占いをさせられる。その占いで細工をした牧生は、
いるはずのない「運命の相手」を探しに学校の裏庭へと向かうことに。
そこにいたのは、校内でも有名な美少女だがクラスに馴染まない
不思議な少女・中山りあだった。牧生たちのグループに加わったりあは、
夜に部屋に押しかけてきて泊まっていったり、みんなで出かけると
嘘をついて呼び出したりと牧生を振り回す。小さい頃には結婚の
約束をするほど仲の良かった4人の関係も、だんだん変化していくが―。
切なくも優しいファンタジックストーリー。


感想

りあ(表紙の娘)かわいいよりあ

さて、今回紹介するのは、「侵略する少女と嘘の庭」です。
短いページ数ながらも、濃厚な内容となっております。

全員中学生なのですが、リアルな人間関係を描いており、ぐんぐん話しに引き込まれてゆきます。
で、簡単に言えば、主人公が女の子といちゃいちゃしながら、困難を乗り越えていくという、
ありがちな内容なのですが、そうではありません。

後半につれて徐々に明らかになってゆく、ヒロインの秘密。
ちょっと切ないストーリー。

これらは決してどこにでもあるようなものではありません。
この「侵略する少女と嘘の庭」独自の面白さが出ています。

また、主人公にも魅力があり、主人公の趣味はガンプラです。
作中では、「MS」と書いてありましたが、おそらくこれは
「モビルスーツ」のことで間違いないでしょう。

自分もガンプラは好きなので、主人公に愛着が湧きます。
また、女の子たちの中で、もっとも性格がきついのが、りあ(表紙の娘)であり、
主人公はこの娘に翻弄されながら、物語は進んでゆきます。

最初は、りあって変な名前だなあ・・・とか思っていましたが、
作中でその説明があり、「ああ、なるほど」と感心しました。

以前紹介した嘘つきは妹にしておくと、同じ作者なので、こちらを読んで気に入った方は、
ぜひとも「侵略する少女と嘘の庭」を読んだほうがいいと思います。

まとまりの無い感想でしたが、皆さんも読んでみてはいかがでしょうか?
星は4つくらいで。

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/23(火) 18:54:29|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

RURURUR

Author:RURURUR
ライトノベルや、一般書籍。
面白いものなら何でも読みます。
また、皆さんの感想や意見なども、気軽にコメント欄にお寄せください。

このブログについて

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一般書籍 (12)
電撃文庫 (24)
スーパーダッシュ文庫 (2)
MF文庫J (3)
エンターブレイン (1)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
ファミ通文庫 (6)
講談社BOX (2)
角川スニーカー文庫 (1)
ノベルゲーム (1)
いままで紹介した本の一覧 (1)
このブログについて (1)
その他 (1)

ランキング

人気ブログランキングへ
クリックしてもらうと、更新速度が上がります。

検索フォーム

お勧めライトノベル

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
ある日、爆弾がおちてきて

小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫)
小学星のプリンセス☆

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ (ファミ通文庫)
鬼切り夜鳥子

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
半分の月がのぼる空

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

ヒトカケラ (MF文庫J)
ヒトカケラ

猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
猫の地球儀 焔の章

わたしたちの田村くん (電撃文庫)
わたしたちの田村くん

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

お勧めの本

新世界より 上
新世界より 上

新世界より 下
新世界より 下

ハルカ 天空の邪馬台国
ハルカ 天空の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国
ハルカ 炎天の邪馬台国

図書館戦争
図書館戦争

塩の街
塩の街

海の底
海の底

空の中
空の中

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)
2005年のロケットボーイズ

森博嗣

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。