ライトノベルとか、本とか

ライトノベルとか、本とかをただひたすらレビューするブログ。 たまに違う話題もでる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハルカ 炎天の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国

作者 桝田 省治


あらすじ

高校二年の夏、俺は一人の少女・ハルカと出会い、
救世主として三世紀の日本で戦った。そして一年後、
敵の総大将・徐福を道連れに宇宙の彼方--「神の国」
へと向かったハルカと再会できたのもつかの間、
俺たちは再び三世紀へと舞い戻る。邪馬台国の女王
となった壹与の前に立ちはだかるのは、大軍勢を率いる
狗奴国。だがそれは、新たな戦いのはじまりにすぎな
かった……。戦いの舞台は現代へ--九州から中国、
四国--そして関西へと戦火は拡大!! 時空を超えた
戦いと恋愛の結末は!?


感想

ハルカかわいいよハルカ。

というわけで、ハルカ 天空の邪馬台国の続編、ハルカ 炎天の邪馬台国の紹介です。
自分は、てっきり一巻だけで完結だと思っていたのですが、よもや二巻が出ていたとは。
まあ、あのまま終わってたら確かに後味が悪いかもしれませんしね。

鬼切り夜鳥子と同じ作者なのですが、ハルカのほうがエロいですね。うん。
挿絵はえっちなのは少ないかもしれないけど、内容がエロいです。
自分は大歓迎なのですが、人に薦める時は注意が必要かもしれません。

さて、鬼斬り夜鳥子を読んだ方は是非、ハルカも読むことを勧めます。
ところどころ夜鳥子とリンクする設定や話があったりなど、ニヤニヤ出来るかもしれません。
また、前作のキャラクターが出てきて、なんとなく懐かしいように感じられることがありました。

前作で謎だった部分も明かされていき、気分がすっきりするかもしれません。
展開が早く、500ページを超えるボリュームですが、まったく飽きが来ませんでした。
予想だにしない、超展開でページをめくる手が止まらなかったのを覚えています。

前作を読んで、面白いと感じた方は、二巻目を読むことを強くオススメします。
絶対に、後悔は無いと思います。
星は5つで。 ハルカ最高です。

人気ブログランキングへ

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/19(金) 23:28:49|
  2. 一般書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の地球儀〈その2〉 幽の章

猫の地球儀〈その2〉幽の章 (電撃文庫)

作者 秋山 瑞人


あらすじ

スカイウォーカー黒猫、幽。彼は自ら設計し創り上げた
突入ポッド地球儀を目指す。しかし、そのために犠牲に
なったのは──。ネットで話題騒然の鬼才・秋山瑞人が贈る、
暖かくて涙が止まらないSFファンタジー、完結編が登場!


感想

Xmas(表紙右)かわいいよXmas

そんなわけで、秋山瑞人、作「猫の地球儀 幽の章」の紹介です。
猫の地球儀は、秋山瑞人が完結させた数少ないライトノベルのうちの一つです。
で、猫の地球儀は二巻目の幽の章で完結となります。

短いながらも、しっかりと中身の詰まった構成となっています。
しかし、色々と考えさせられる物語でした。
表紙からは、こんな展開が想像もつかないと思います。

シリアスでもあり、バトルでもあり、SFでもある、今作品。
最後が、バッドエンドなのか、ハッピーエンドなのかは、人によって解釈の違いがあります。
自分は、ハッピーエンドなのかなあ・・・
微妙なところです。

ハッピーエンドなのだろうけど、素直に喜べないところがあります。
まあ、明確に二分化する必要も無いでしょう。

イリヤを読んで秋山瑞人ファンになった方、また秋山瑞人作品は初めての方でも、十分に楽しめるでしょう。
難しいテーマを扱っていて、奥行きのある作品です。
皆さんは猫の地球儀を読み、どんな感想を持ちましたか?

星は4つで。 

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/18(木) 21:04:34|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼切り夜鳥子〈2〉 京都ミステリーツアー

鬼切り夜鳥子2 京都ミステリーツアー (ファミ通文庫)

作者 桝田 省治


あらすじ

セーラー服の陰陽師、再び!
久遠久はと幼馴染みの桂木駒子は高校の修学旅行で京都に向かった。
しかし、京都で駒子の従姉妹が妖怪にさらわれ、駒子の先祖である
陰陽師・夜鳥子がふたたび姿を現す。駒子や幼なじみの久遠たちは、
夜鳥子とともに無事鬼たちを倒し、従姉妹を救出できるのか!?
 鬼才のゲームプロデューサー・桝田省治氏が書き下ろす学園退魔
ファンタジーシリーズ第二巻!!


感想

夜鳥子(ぬえこ)かわいいよ夜鳥子。
そんなわけで、鬼切り夜鳥子、第二巻「京都ミステリーツアー」の紹介です。

いやあ、二巻は長かった。
433ページもあるんだから、読んだときには時間がかかりました。
二巻が一番分厚いです。

さて、主人公とヒロインは、高校の修学旅行で京都に行くわけですが、
高校で京都なんて行くものでしょうか?
中学生じゃないんだから・・・
とまあ、そんなツッコミは置いといて、読んだ感想を述べたいと思います。

やはり、一番の見所は、キャラクター同士の会話ですね。
初登場の荒木が、いい味出してます。
まあ、巨乳の方も好きなんですが、自分はメガネっ娘あまり好きじゃないんで・・・

あと、天狗。
まさかこんなところでハルカと繋がっているとは思わなかったです。
他の作品とのつながりがちらほらと見えると、ニヤニヤしてしまうのは自分だけでしょうか。

また、戦闘も面白いです。 戦う女の子、大好きです。
セーラー服に刀なんて、最高じゃありませんか。
しかも式神を使うなんて、自分にとっては斬新で楽しめました、
背中の蜘蛛が一番かっこいいと思います。

一巻を読んでみて面白いと思ったあなた。 ぜひとも二巻目も呼んでみてください。
また違う興奮が、あなたを待っていると思います。

しっかし、このライトノベルはが良く見えるなあ・・・

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/17(水) 17:59:52|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅 〈2〉 ギロチン

紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)

作者 片山 憲太郎


あらすじ

駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎にきた一通の電話。
それは、商売敵である悪宇商会からの勧誘だった。
一度は応じた真九郎だが、最終課題に出されたのは、
なんと暗殺計画への参加。標的となるのは、一人の病弱な少女。
真九郎は当然のごとく拒否し、交渉は決裂。そして暗殺阻止
へと動き出す。しかし、踏み込んだ闇はあまりに深かった。
立ち塞がる悪宇商会の殺し屋・斬島切彦。その恐るべき刃は、
真九郎と紫の仲までも引き裂き、さらなる窮地へと追い詰める…。


感想

(小学生のヒロイン)かわいいよ
そんなわけで、のために購入した、紅、第二巻「ギロチン」の紹介でです。

紅は、正直キャラクターが魅力的で、それ目当てで購入したんですが、
今回、二巻目を全て読み終えたら、そんなこといえなくなりました。

今回は、熱いです。
え? 何が熱いかって? バトルに決まってるでしょう。

そう、二巻目の紅は、バトルが熱いのです。
つーか、主人公が強い。 崩月強い。
ラストのバトルが、非常に見所です。
途中、主人公が負けっぱなしだったので、余計ドキドキして読むことが出来ました。

おっと、忘れちゃいけないのが、ちゃんです。
今回も可愛いです。 ネタバレになるので控えますが、は最後で大活躍です。
序盤は、との関係にひやひやさせられましたが・・・

あと、だんだんと気がついたのですが、
銀子って、可愛くね・・・?

星は5つ、文句なしです。

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/16(火) 21:57:08|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半分の月がのぼる空〈2〉 waiting for the half‐moon

半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half‐moon (電撃文庫)

作者 橋本 紡


あらすじ

とんでもないことが起きた。恐ろしいことが起きた。戎崎コレクションが
里香に見つかってしまったのだ!僕と里香の蜜月はあっさり壊れた。
そりゃもう、見事なもんだった。里香は怒り狂い、弁解を聞くどころか、
僕の顔を見ると逃げだす始末だ。仲直りのための努力は、裏目に
出るばかり…。ちょうどそのころ、病院に新しい医者がやってきた。
夏目というその医者はとんでもない二枚目で、しかも里香の主治医
だというのだ―。橋本紡&山本ケイジが贈る期待の新シリーズ第二弾!!
裕一と里香に巻き起こる、疾風怒濤の波乱。


感想

半分の月がのぼる空、第二巻の感想です。
あらすじにあるように、戎崎コレクション(大量のエロ本)が里香(表紙の娘)に
見つかってしまいます。

戎崎コレクションを見た里香は、以降、主人公と口も利いてくれないほどに怒ります。
別に、男ならエロ本の一冊や二冊もってたって、いいじゃないか。
まあ、一冊や二冊程度じゃなかったんですが。

しかし、プロローグとエピローグ以外の章が全部、「戎崎コレクションの終焉」ってタイトルなのが
笑えました。
そんなに重要か? 戎崎コレクション。

しかし、前半のギャグとは裏腹に、後半はすこしばかりシリアスな展開になってゆきます。
二巻だけじゃ、後味が悪い。 三巻が早く読みたいってなると思います。

短い感想になってしまいましたが、二巻単品では星3つぐらいですね。
戎崎コレクションが印象に残る話でした。

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/15(月) 16:35:33|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

RURURUR

Author:RURURUR
ライトノベルや、一般書籍。
面白いものなら何でも読みます。
また、皆さんの感想や意見なども、気軽にコメント欄にお寄せください。

このブログについて

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一般書籍 (12)
電撃文庫 (24)
スーパーダッシュ文庫 (2)
MF文庫J (3)
エンターブレイン (1)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
ファミ通文庫 (6)
講談社BOX (2)
角川スニーカー文庫 (1)
ノベルゲーム (1)
いままで紹介した本の一覧 (1)
このブログについて (1)
その他 (1)

ランキング

人気ブログランキングへ
クリックしてもらうと、更新速度が上がります。

検索フォーム

お勧めライトノベル

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
ある日、爆弾がおちてきて

小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫)
小学星のプリンセス☆

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ (ファミ通文庫)
鬼切り夜鳥子

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
半分の月がのぼる空

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

ヒトカケラ (MF文庫J)
ヒトカケラ

猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
猫の地球儀 焔の章

わたしたちの田村くん (電撃文庫)
わたしたちの田村くん

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

お勧めの本

新世界より 上
新世界より 上

新世界より 下
新世界より 下

ハルカ 天空の邪馬台国
ハルカ 天空の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国
ハルカ 炎天の邪馬台国

図書館戦争
図書館戦争

塩の街
塩の街

海の底
海の底

空の中
空の中

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)
2005年のロケットボーイズ

森博嗣

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。