ライトノベルとか、本とか

ライトノベルとか、本とかをただひたすらレビューするブログ。 たまに違う話題もでる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月は無慈悲な夜の女王

月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)
月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)ロバート・A. ハインライン 牧 眞司

おすすめ平均
starsHAL9000に並ぶ人より人らしい人工知能、マイク
starsついに読了!ジャンルを超えた傑作
stars革命
starsこれぞハインライン節
stars月世界の《独立記念日》。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者 ロバート・A. ハインライン


あらすじ

2076年7月4日、圧政に苦しむ月世界植民地は、地球政府に対し独立を宣言した!
流刑地として、また資源豊かな植民地として、月は地球から一方的に搾取され
つづけてきた。革命の先頭に立ったのはコンピュータ技術者マニーと、自意識を持つ
巨大コンピュータのマイク。だが、一隻の宇宙船も、一発のミサイルも持たぬ月世界人が、
強大な地球に立ち向かうためには…ヒューゴー賞受賞に輝くハインライン渾身の傑作SF巨篇。


感想

さて、久しぶりの更新となってしまいましたが、「月は無慈悲な夜の女王」の紹介をしたいと思います。
この本は、ロバート・A. ハインラインの「夏への扉」という作品が好きで、作者つながりで購入をしました。

実は「月は無慈悲な夜の女王」は1966年の作品なのですが、現代のコンピュータ技術のことをまるで予知していた
かのような、当時でこのような考えが浮かぶのかと不思議に思ってしまいます。

1966年というのは、インターネット技術というものは、恐らくまだ一般的ではなかった、または登場すらして
いなかったののかと思います。
ですが、ロバート・A. ハインラインは作品の中で、複数のコンピュータを繋いで端末間の通信、端末を経由しての
遠方への情報通信が登場しています。

これは流石としか言いようがありませんね。

やはり彼は只者ではありません。

それよりも、やはり翻訳本というのは、どうも読みづらさが目立ちましたね。
仕方の無いことだとは思いますが、日本語の湯にすらすら読むことができず、思わぬ時間を食ってしまいました。

ですが、それを大した障害と思わせぬような面白さがあります。
「夏への扉」が好きな方なら、一度読むことをオススメします。

星は4つくらいですかね。 なかなか面白い作品です。 ラストが見所。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/10/20(水) 22:32:11|
  2. 一般書籍
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

やべえ

最近忙しくてしばらく放置してました。
スミマセン・・・・・・

で、最近暇が出来たので新しい本を読んでいます。
題名は、「月は無慈悲な夜の女王」です。

もう少しで読み終わるので、しばらくお待ちください。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/09/15(水) 17:06:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

夏のレプリカ

夏のレプリカ (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 6236


作者 森 博嗣


あらすじ

封印された夏の日の記憶!
眩い夏、不可解な誘拐事件、蘇る過去
真実は、偶数章だけで明かされる。

T大学大学院生の簑沢杜萌(みのさわともえ)は、
夏休みに帰省した実家で仮面の誘拐者に捕らえられた。
杜萌も別の場所に拉致されていた家族も無事だったが、
実家にいたはずの兄だけが、どこかへ消えてしまった。
眩い光、朦朧(もうろう)とする意識、夏の日に起こった
事件に隠された過去とは?『幻惑と死と使途』と同時期に
起こった事件を描く。


感想

S&Mシリーズ第7巻「夏のレプリカ」の紹介です。

前回は、章が奇数しかなかったのですが、今回は偶数しかありません。
あらすじにもあるように「幻惑と死と使途」と同時に起こっていた物語であるからです。

さて、今回は犀川先生があまり活躍しなくて、ちょっぴり残念です。

毎回トリックには驚かされるのですが、今回ももちろんびっくりしました。
トリックがワンパターンではなくて、飽きないのがいいところですよね。

で、今回の犯人は「そうきたか」と思いましたね。 まさかそうなるのか・・・ みたいな

7巻まで読んでいて、トリックに飽きないってのも凄いです。
森さんは毎回このような素晴らしいトリックを考えているのかと思うと、
彼はいったい何者なのかと思います。

今回も面白かったです。 全館を読んだ方は、是非とも続けて「夏のレプリカ」をお読みください。
星は4つです。

人気ブログランキングへ

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/13(日) 14:53:31|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

幻惑の死と使途

幻惑の死と使途 (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 19504


作者 森 博嗣


あらすじ

天才マジシャン、死してなお奇跡を呼ぶ――
事件は、奇数章だけで描かれる。

「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室
からも抜け出してみせよう」いかなる状況からも
奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が
衆人環視のショーの最中に殺された。しかも遺体は、
霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か?
幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の
理系師弟が解明する。


感想

久しぶりの更新となってしまいました。 最近忙しかったもので申し訳ないです。

さて、今回紹介するのは、森 博嗣のS&Mシリーズ第6巻「幻惑の死と使途」です。

今回の森ミステリィも一筋縄ではありません。 トリックは毎回のように素晴らしいのですが、
森ミステリィには、もう一つ大きな要素があります。
それは、登場人物の魅力ですね。

出てくるキャラクターが毎回ユニークで、読んでいて非常に楽しい思いにさせてくれますね。

もちろん、犀川先生と萌のラブコメはありますが、今回はそこまで目立っていません。

今回は、犯人が以外と言うか、物語の最後が注目すべき点ですね。
そんなのありかよーと言いたくなるような最後でした。

まあこればっかりは、感想を書いて伝えるよりは、直接読んでくださったほうが伝わりますね。

あ、書き忘れていましたが、今回は章の番号が奇数しかありません。
何故かは、次の巻の「夏のレプリカ」を読むと分かります。

今回も面白かったです。 是非とも、A&Mシリーズを読んでみて下さい。
星は4つです。

人気ブログランキングへ

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/13(日) 13:09:14|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LAST KISS

LAST KISS (電撃文庫)
LAST KISS (電撃文庫)
posted with amazlet at 10.05.16
佐藤 ケイ
メディアワークス
売り上げランキング: 105658


作者 佐藤 ケイ


あらすじ

“私が死んだら、お兄ちゃんはきっと泣くと思います―”
重い病気を持つ中学二年の井崎由香。夏休みに一時
退院した彼女は、これまでほとんど接触のなかった兄の
智弘とともにひと夏を過ごす。生まれて初めて兄に買って
もらった帽子、二人で出かけた六甲山上の植物園、
兄の幼馴染のかんネェに連れていってもらった須磨の海。
何気ない日々の中で、少しずつ兄への気持ちは形を
変えていく。やがて訪れる悲しい結末は変えられない
と知りながら…。


感想

今回は、「LAST KISS」の紹介です。

表紙買いです。 私好みの構図だったもので。

あらすじを読む限り、兄と病弱な妹・・・・・・
「ははーん ありがちなストーリーだなあ」と私は思いました。





そんな私が馬鹿だった・・・orz





おいおい・・・こんなのってありかよ・・・
ライトノベルで涙を流したのは初めてかもしれません。
こういうベタな話に私は非常に弱いのです。

あらすじを読んでありがちな話だと思った私を本当にひっぱたいてやりたい。

星は5ですね。 最近涙を流してない人や、病弱な妹好きにはおすすめかどうかは分かりませんが、とにかく読んでみて下さい。

人気ブログランキングへ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/16(日) 20:11:02|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

RURURUR

Author:RURURUR
ライトノベルや、一般書籍。
面白いものなら何でも読みます。
また、皆さんの感想や意見なども、気軽にコメント欄にお寄せください。

このブログについて

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一般書籍 (12)
電撃文庫 (24)
スーパーダッシュ文庫 (2)
MF文庫J (3)
エンターブレイン (1)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
ファミ通文庫 (6)
講談社BOX (2)
角川スニーカー文庫 (1)
ノベルゲーム (1)
いままで紹介した本の一覧 (1)
このブログについて (1)
その他 (1)

ランキング

人気ブログランキングへ
クリックしてもらうと、更新速度が上がります。

検索フォーム

お勧めライトノベル

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
ある日、爆弾がおちてきて

小学星のプリンセス☆ (集英社スーパーダッシュ文庫)
小学星のプリンセス☆

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ (ファミ通文庫)
鬼切り夜鳥子

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
半分の月がのぼる空

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

ヒトカケラ (MF文庫J)
ヒトカケラ

猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
猫の地球儀 焔の章

わたしたちの田村くん (電撃文庫)
わたしたちの田村くん

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

お勧めの本

新世界より 上
新世界より 上

新世界より 下
新世界より 下

ハルカ 天空の邪馬台国
ハルカ 天空の邪馬台国

ハルカ 炎天の邪馬台国
ハルカ 炎天の邪馬台国

図書館戦争
図書館戦争

塩の街
塩の街

海の底
海の底

空の中
空の中

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI

2005年のロケットボーイズ (双葉文庫)
2005年のロケットボーイズ

森博嗣

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。